中古車 CRM250AR ホンダ
受注期間限定モデル
CRM250最終モデル
CRM250Rが発展的にモデルチェンジするかたちで、1997年1月に登場したCRM250AR。ホンダにとって最後の250cc2ストオフロードトレールとなった。CRM250ARは、1989年以来続いたCRM250Rの最終モデルとしてとらえることもできるが、車名にも用いられた「AR燃焼」という2ストエンジンの環境負荷を軽減するシステムを採用した

中古車 CRM250AR

乗り出し価格 お問い合わせください

走行距離 42918キロ 

中古CRM250AR 

水冷2ストローク単気筒エンジンは、前身のCRM250Rからピストンボアを0.4ミリ拡大することで、軽二輪規格いっぱいの排気量を249ccまでアップ(従来は246cc)させ、ここに、AR燃焼システムを導入。ARは、Activated Radicalの頭文字をとったもので、ごく簡単に説明すれば、燃焼後のシリンダー内に残った残留ガス内の遊離基(ゆうりき・フリーラジカル)を利用して、シリンダー内に導かれた新しい混合気に自己着火を行なわせるというもの。従来の2ストエンジン開発では、自己着火現象は防止すべきとされていたが、それを逆利用することで燃焼効率を上げ、排ガスに含まれる炭化水素(HC)などを低減するとともに、燃費も向上させようというもの

スーパーカブ110

中古車 CRM250AR

AR燃焼を採用したCRM250ARは、従来モデルに比べてHC濃度は半減し、燃費も大きく向上していた。オフロードバイクとしてのシャシー構造に関しては、フレーム剛性のアップやリアサスのストロークアップによって走破性を高め、ヘッドライトの光量もアップされていた。画期的なAR燃焼エンジンを搭載して登場したCRM250ARだったが、登場年の12月に、カラーチェンジを受け、それがそのまま最終仕様となった。

という伝説の中古車

 

 

ナイセストピープルキャンペーンとは

カブ60thアニバーサリーモデルは1960年代のアメリカで大ヒットしたスーパーカブCA100がモチーフとなっています。
このCA100を多くの人に知ってもらうきっかけになったのがナイセストピープルキャンペーン。このキャンペーンはアメリカで“バイクは日常の暮らしに密着した手軽な乗り物である”という新たな価値を生み出しました。V

ACCESS

八王子にあるバイクのショップ・MotoVogue ONE-Kについて紹介します

八王子にあるバイクの専門カスタムショップ・MotoVogue ONE-Kは、お客様に寄り添ったサービスを提供することで厚い信頼が寄せられてきた、確かな実績を持つショップです。お客様からの信頼をより厚いものにしていけるよう丁寧に整備いたしますので、八王子でバイクのご相談ならぜひお寄せください。
MotoVogue ONE-K写真
店舗名 MotoVogue ONE-K
住所 東京都八王子市下柚木2-9-1
電話番号 042-689-4335
営業時間 10:00~19:00
定休日 月曜日
最寄駅 南大沢より車で10分 20号線沿い
お気軽にお電話ください
042-689-4335 042-689-4335
10:00~19:00
東京都八王子市下柚木2-9-1

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。